logo
banner


医療法人 庄司クリニック|柴田郡大河原町の泌尿器科・人工透析・内科


ttl-jinnkoutouseki_img01.jpg

当院では血液透析を昼の部透析として月・水・金及び火・木・土に、二部透析は月・水・金に行います。透析モニターは30台ありますので、同時に30人まで透析治療を行えます。また、腹膜透析治療も行っており、ほとんど寝たきりの患者様も往診を行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ttl-jinnkoutouseki_img02.jpg

当院では全国でクリニックレベルとしてはめずらしくすべての器械をコンピューターによるシステム管理できるように整備しております。また、ベットサイドモニターは30台全台On-Line HDFを行える機能を持っています。当然、現在のところエンドトキシン濃度もまた最近学会でもいわれている生菌の問題もクリアしています。

■ 長時間透析

一般的な透析施設では通常4時間透析が主流ですが、当院では患者様の将来への生命の保証と生活の質を落とさないように注意している観点から、患者様の体にやさしい透析を行っています。
現在、診療報酬制度(保険点数制度)の改変から、多くの透析施設では透析時間を短くする傾向がありますが、学会でも、多くの論文でも透析は時間を長くすればするほど長生きできると言われていて、事実、当院の患者様のお亡くなりになる確率は全国平均の4分の1です。その事からも、採算を度外視し、患者様のためになる透析を行っていきます。

■ On-Line HDFを行っている患者様の比率が多い

透析治療の進歩によって一昔前のように透析治療を開始するとそれほど生きれないということがなくなり透析歴10年以上の
方も多くなってきました。透析歴が長くなるほど合併症も多くなってきますが、透析アミロイド症による関節痛や透析低血圧、
掻痒感、色素沈着などに対してOn-Line HDFを行うことで症状の軽減あるいは予防に寄与するものと考えています。

■ みやぎ県南中核病院と病診連携

透析関連以外の一般的な成人病に関する諸検査を定期的に行っています。年間検査として腹部CT、エコー、
内視鏡検査などを定期的に行うことで、がんなどの病気を早期に見つけ対応すること。当たり前のことのように感じられるか
もしれませんが、漫然と血液透析の治療のみに通院していることがないように心がけています。

ttl-jinnkoutouseki_img02-a.jpg
1. 無料でご自宅から当院までの往復送迎サービスを行っています。
2. 透析中のテレビ観賞も自由です。
3. 食事中にお好みでお飲み物をお出ししています。
4. 漫画や雑誌類を豊富に取り揃えております。
ttl-jinnkoutouseki_img03.jpg

血液透析は低分子量物質の除去効率は高いものの、β2ミクログロブリンに代表される大分子量物質の除去は血液濾過より劣ります。血液濾過透析(HDF)は血液透析と血液濾過の長所をあわせもつ方法です。従来のHDFはコストと労力の問題があり、透析患者さんなら誰でもというわけではなく、透析アミロイドーシスなどの適応疾患がなければ受けられません。合併症が出てから受けるのでは遅くないのか、良い治療法であれば誰でも受けられるようにできないかということで開発されたのが on-line HDFです。大量の体液置換を行なうために透析液用水を静注用精製水ないしそれ以上の純度に院内で精製し、透析液と同時に補充液としても用います。従来のHDFが1回の治療で10~20Lの置換液であるのに対して、on-line HDFでは10~90Lという大量の置換が可能です。従って大分子量物質の除去効率が高まり、次のような臨床効果が報告されています。

掻痒症:(原因)分子量10000~20000の物質?
貧血:造血阻害因子の除去(アルブミンに近い領域?)
関節痛:(原因)分子量30000~30000の物質?
いらいら感:(原因)大分子量uremic toxin
栄養障害:(原因)アシドーシスや大分子量uremic toxin
透析アミロイドーシス:(原因)β2-m(AGEβ2-m)等
色素沈着;原因は明らかではない

ttl-jinnkoutouseki_img04.jpg

エンドトキシンは、グラム陰性菌の細胞壁の外膜を構成する物質であるlipopolysacharideの臨床医学的な呼称であり、細菌が死んだ時や機械的に破壊されたときなどに遊離されます。
エンドトキシンが体内に侵入すると、発熱・血圧低下など様々な炎症反応を引き起こします。これらを除去し、より不純物を失くす為に、透析液を清浄化する必要があります。透析液中のエンドトキシン濃度は、透析液の細菌汚染の1つのマーカーとして測定されています。

2005年HDF研究会コンセンサスカンファレンス案

ttl-jinnkoutouseki_img05.jpg

ttl-jinnkoutouseki_img06.jpg

1回あたり何時間の透析が長時間透析か?となりますが、現在の標準的な全国の透析時間を4時間とすればそれ以上の時間行うことであるでしょう。
当院では6時間透析のことをそう表現しています。透析の患者様は尿がほとんど出ないため、1回あたりに例えば体重50kgの方であれば、3000ml近くの水分を透析で除去することになります。簡単に3000mlと言っても、その水分は血液中から1升ビン2本弱の水分を除去するとなるとその重大さがお解かりになるかと思います。
4時間透析だと、1時間あたり750ml、6時間透析だと500mlです。人間の体はうまくつくられていて、血管の中の水分がなくなると、血管の中に水分を引き込んできますが、糖尿病や高齢者、体脂肪の多い方の場合はその引き込んでくる水分に限界が出てきます。すなわち、透析中の突然の血圧低下につながります。
また、毒素についても臓器によって、毒素が抜ける時間が違いますから、実は4時間透析した後から徐々に毒素が抜けてくる臓器もあります。
有名なデータにフランスのタサン中央透析センターのシャラ博士の論文によると、日本の4時間透析の10年生存率は42.3%なのに対し、その施設では85.0%もの生存率であるそうです。
日本の透析技術は世界的にも一流ですが、何故そこでは生存率が良いのか?違いは透析時間です。その施設では8時間透析を行っているそうです。このように透析時間を長くすることは、体にやさしく、長生きできる透析なのです。

ttl-jinnkoutouseki_img07.jpg

ttl-menu.jpg

トップページ
ごあいさつ
診療案内
泌尿器科
人工透析
透析設備
内科
施設紹介
アクセス

友人に教える

西村歯科医院


【住所】

宮城県柴田郡大河原町
大谷字戸の内前35-1



【TEL】

0224-51-3741



top ページの先頭へ



Copyright © 2011 shoji clinic All Rights Reserved.


Email: contact@shoji-clinic.com